×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4/25・4/26第2戦・カイロ市街地


予選
雨となったカイロ市街地での予選。 Q1ではこのレースから中国の江淮汽車(JAC AUTO)のワークスとなった チャイナパワーオートのモソトーヤがクラッシュし予選17番手になってしまった。 Q2では片本がQ3に惜しくも届かず10番手。Q3で驚きの走りを見せたのが フレソシェソ。信頼性という不安要素を抱えながらフロントローを獲得。 ポールポジションは直線の速さを生かしたビノレヌーブとなった。 そしてラジオート萬田はハッキネソが6位、木山が3位だった。



決勝
決勝も前日から続く雨となり、セーフティーカースタートとなった。 スタート直後の1コーナーでオーバーステアを出したフロントロー2台を ロケットスタートを決めたハッキネソがすかさずオーバーテイクしトップへ。 直後に木山も2台を抜きラジオートの1-2体制となった。 しかしその後ペースをあげてきたビノレヌーブに接近されピット勝負となった。 ハッキネソはピットアウト後のペースが上がらず、ビノレヌーブに トップを奪われてしまう。ペースの上がらないハッキネソは木山に順位を譲り 木山が2戦連続の2位、ハッキネソも連続の3位となった。



ミカ・ハッキネソ予選6位/決勝3位
予選でもセッティングが決まらずペースが上がらなかった。
決勝もスタートの後の混乱をうまく避けてトップに立てたけど
その後のペースが悪かった。チームとしてはいい結果だと思うよ。

木山哲予選3位/決勝2位
連続の表彰台を獲得することができてよかったと思っています。
レースでは安定したタイムも出せたと思いますし、優勝できなかったのが
残念ですが、コース特性とマシン特性がマッチしてなかったので
仕方ない一面もあると思います。 ランキングトップを死守するためにも早く優勝したいと思います。

萬田銀次郎副監督
まあまあええレースやったわ。
ランキングもトップやし早く優勝せんとあかんな。
次に期待してるわ。


ドライバーズランキング
No
ドライバー
チーム
ポイント
1
木山哲
ラジオート萬田レーシングチーム
16
2
J・ウィノレンソ
山下ガスライター
14
3
M・ハッキネソ
ラジオート萬田レーシングチーム
12
4
J・ビノレヌーブ
SPAロータリーパワーレーシングカンパニー
10
5
J・ハーバータ
SPAロータリーパワーレーシングカンパニー
5
5
M・グロイホルン
マイクソソフトレーシング
5
5
P・フリーザサマ
ジャッカルオートATCC
5
8
A・ムニッ
マイクソソフトレーシング
3
8
A・ファーファース
Teamアンブレラ
3
10
R・モデノ
山下ガスライター
2
11
N・プケ
デッドブルレーシング
2
12
R・ソンダ
ジャッカルオートATCC
1


チームランキング
No
チーム
ポイント
1
ラジオート萬田レーシングチーム
28
2
山下ガスライター
16
3
SPAロータリーパワーレーシングカンパニー
15
4
マイクソソフトレーシング
8
5
ジャッカルオートATCC
6
6
Teamアンブレラ
3
7
デッドブルレーシング
2


過去のレース結果
開幕戦・ギャラミ