×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

普通のモーターをメタル軸受けに
普通のタミヤなどのモーターの多くはエンドベル(モーター後部のプラ部分)
の軸受け部分が何の加工もされてなくて耐久性に問題があります。
しかしエアロRCのOPハイスピードモーターだったり、XMODSのモーターだったり
タミヤのプラズマダッシュなどのちょっと値の張るモーターは
軸受け部分に金属パーツがあり、耐久性もなかなかのものです。
この高いモーターのエンドベルを使うのもいいですが
もったいないというケチ精神丸出しで余ってるハトメを使って
金属軸受けにしちゃおうという改造です。
長くなりましたが行程を紹介していきましょう。

@モーターを分解する
モーターの両脇にある爪をあげて分解します。
タミヤのモーターは分解しにくいので
どうしてもあかない場合は上からマイナスドライバーで
こじ開けたりしてください。
(けがをする可能性が高いので注意してください。)

Aブラシを外す
エンドベルについているパーツ(ブラシといいます)を外します。


Bエンドベルの穴を広げる
モーターの軸が通っていた穴をハトメがぴったり入る大きさまで広げます。
大きすぎても小さすぎでもいけないので慎重にやってください。

Cハトメをつける
ハトメを穴にはめ込みます。
ハトメはミニ四駆や爆シードのハトメのサイズがベストです。
エアロのハトメは少し長いので削ってください。
ハトメは画像のような感じではめるのがいいでしょう。


D戻す
エンドベルにブラシを戻してモーターを組みなおします。
このとき、横の爪のしめ具合でモーターの動きが悪くなったり
することがあるので微調整してください。